フランチャイズ

ご自宅でPeek a boo breadパン教室を
開きませんか?

 

フランチャイズ

美味しいパンはパン屋さんに、安いパンならスーパーに・・・
でも子供を幸せにできるパンは、ママにしか作れません。

はじめまして!親子パン教室「Peek a boo bread」の神谷奈浦子です。
「子供を幸せにできるパンは、ママにしか作れません」。このキーワードを掲げて自宅でパン教室を始めたのが2010年10月。
そこからブログと口コミによって急激に生徒数を伸ばし、テレビや雑誌などの取材を追い風に着実に教室数を増やしています。 私がパン作りを始めたのは不妊治療の末、娘を授かったのがきっかけなんです。
私のパン作りは、「子供への愛情」に他なりません。不器用な自分が、この子にできることをと思って始めました。娘の好きな絵本や、かたことで話す動物の名前などをパンにして愛情を注いであげたかったのです。

パンと子供 パンと子供

将来この子が大人になったとき、「そういえばうちのママは、私の大好きな絵本の中のキャラクターをパンにして焼いてくれたっけ・・」と思い出すことでしょう。
その記憶がきっと将来、この子を励ましたり守ったりするはずです。
ですので、私のパン教室は理想を高く掲げ、単に「作るだけ、教えるだけ」ではなく「子供を幸せにするパン作り」をコンセプトとして運営し、パン作りを通して「親子の絆を深める」「親子の楽しい思い出を作る」ことをお手伝いをしています。
今では毎日のように

「パンを焼いた時の子供の驚いた顔や笑顔が嬉しい」
「夫にも美味しいと褒めてもらえた」
「落ち込んでいた子供がここのパンを食べてみるみる笑顔を取り戻した」


という感想を生徒様からいただいております。

パンと子供 パンと子供

私の提供するパンは生徒さんにとって単なるパンではなく、「子供や家族を幸せにする魔法のパン」となっているのです。
そしてこれらを実現させているのが「Peek a boo bread」オリジナルデザインのパンなのです。

オリジナルデザインのパン オリジナルデザインのパン

普通のありふれたパンでは子供たちを喜ばせることができませんので、個性的でファンタスティックなパンが必要です。
世の中にないものを作り出すのは容易ではありませんが、子供たちの喜ぶ顔やママの愛情が伝わることを願って、日夜努力しています。


「Peek a boo breadパン教室をやりたい!」と言ってくださる方との
ご縁を大切に。
さらにファミリー教室を増やしています。

おかげさまでオープン一年をこえる頃には生徒数が100名を超えました。
しかし、同時にそれは、私一人では運営しきれないということで一緒に活動してくれる人を募集し、フランチャイズ展開に切り替えました。さいわい「私もやりたい!」とおっしゃってくださる方々とのご縁に恵まれ、そろそろ教室数が二桁台になろうとしています。
 ファミリー教室として教室を運営していただくために「養成講座」を設け、6ヶ月~12ヶ月間しっかりと学んでいただいてからオープンしていただいています。

<Peek a boo breadパン教室>に向いているのはこんな人です。
・子供が好き
・ママや子供の為に役立つ仕事をしたい
・趣味ではなく仕事として真剣に取り組みたい
・パンを食べるのが好き

活動風景


初心者が養成講座で学んで大人気教室に!

「Peek a boo breadパン教室をやりたい!」と言ってくださる方とのご縁を大切に、たとえパン作りは初心者でもオープンまで誠心誠意指導させていただいています。
その結果、きちんと学んでいただけた方は大人気の教室に成長されています。毎月満席で、キャンセル待ちの行列ができています。


被災地・熊本で、親子パン教室を開きたい!

震災を経験されたからこそ、「親子の絆」の大切さを身にしみて感じられる。
Peek a boo breadパン教室で被災地の子供達や、そのママに喜んでもらいたいと願い出てくださった方がいます。

Peek a boo bread 熊本教室:金倉美緒先生

金倉美緒先生

熊本教室1 熊本教室1

子供達が帰ってくる時間には家で「おかえりなさい」と迎えてあげたいという私自身の強い希望がありながら、子供達が入園したことをきっかけに、社会に出て自分を役立てるような仕事がしたいという気持ちが大きくなっていました。

 2人の子供達と、何か親子で出来る習い事をしたいと思い探しても、親1人につき子供1人までという制限や、子供自身の年齢制限があったりして、なかなか見つけることが出来ませんでした。
たまたま見つけた単発の親子で参加できるパン教室で、子供2人を連れて来ても良いと言われたことが嬉しかったこと、参加してみて、子供達がパン作りをとても楽しんでいて、私自身も子供たちとみんなで参加できたことが楽しく幸せな時間だったことがとても印象深く、それからすぐに定期的に親子で参加できるパン教室がないのか探してみました。残念ながら熊本にはありませんでした。

 そんな時に偶然見つけたPeek a boo breadパン教室のホームページの中に、「絵本の中のパン」を作ったり、発酵している間に、絵本を読んだり子供が楽しめるようなことをしている、普通のパン教室ではない「母と子の絆を作り、子供を幸せにする」パン教室というのを見かけ、私の中のドキドキ・ワクワクが止まらなかった衝撃から、”熊本にファミリー教室がないのなら、私がやるんだ!!”と思い立ち、応募させていただきました。
 前職の幼稚園教諭のキャリアも十分に活かすことが出来ると思います。

 今年4月の熊本地震では、私自身、家族の絆や親子の絆というものを再確認いたしました。
熊本にはそのような家族が多いと思います。
 そんな今だからこそ、この熊本の地でPeek a boo breadパン教室のファミリー教室として、1人でも多くの親子のために、「母と子の絆を作り、子どもを幸せにする」ことに貢献していきたいと思います。

熊本教室3

Peek a boo bread 久留米教室:山田弥佐先生

山田弥佐先生

久留米教室1

◎教室業を始めてどんな風に暮らしていますか?
今までやったことがないパン教室のお仕事でしたが、養成講座で丁寧に教えてくださってたことをこなしていきました。

また、同じく養成講座を受講している方の存在はとても励みになり、
Facebookを通して繋がれていたので独りでやっている感覚はありませんでした。

子供を保育園に預けて、自らも保育園で働いていたわたしです。
命を捧げて仕事をしているのにかわりはありません。
ですが、より、お母さんたちとの距離が近づいたことがわたしの理想が叶った毎日です。
子供の笑顔がママを笑顔にして、ママの笑顔が子供を安心させる、素敵な循環が生まれています。

豊かな暮らしは、こんな風に得られていくのではないかと思っているところです。

まだ教室業を始めて間もないですが、目の前のことをこなしていた毎日が少しずつ変化しています。
大好きなパンと絵本に囲まれて、そして目の前の親子様を幸せにするお手伝い。。

素敵なお仕事をさせていただいてるなあと、日々有り難く感じています。

◎レッスンでお客様に提供していきたいこと
わたしのパン教室に来てくださるママ様たちは、日々を大事にしたいと感じている方が多いようです。

「パン教室に来て、先生とお話してリフレッシュしているのは私だけでなく娘もなんです」
「パンレッスンに行ってから、長男が甘えてくれるようになりました。我慢させてたんだなあ」

お子様との絆をより深めてくださっています。

また、「食べたいパンが手作り出来るって良いですね」
「パン作りがあるから、外出できなくてもストレスたまりません」
「子供が離乳食よりも、わたしの作ったパンに手をのばしてくれました!」

パン作りって大変を、パン作りって私にも出来た!を提供していきたいと思っています。

そのために、よりわたしのたくさんの失敗談が(笑)活かされていくことを切に願いながらまた、家族のためにパンを焼く毎日を大事にしていきたいと思っています。

久留米教室2

もし、あなたが家庭に軸足を置きながらも社会で自分を役立てるような仕事を
とお想いであれば、私たちと一緒に「親子パン教室Peek a boo bread」の
自宅パン教室を開いてみませんか?

お金というものは手段を選ばなけば稼ぎ方はいろいろと存在します。でも、たくさんのママとそのお子さんたち喜ばれながらの仕事は、とてもやり甲斐をもって携わってもらえるはずです。

養成講座の資料をダウンロードする

親子パン教室「Peek a boo bread」
フランチャイズ教室ビジネスへのご案内


養成講座受講までの手順

  1. 養成講座 受講内容 
    「親子パン教室Peek a boo bread フランチャイズビジネスへのご案内」をお読みいただく
  2. 面接(オリエンテーション)のお申し込み:履歴書・職務経歴書の提出
  3. 面接(オリエンテーション)
    当パン教室の業務内容についてのご説明や受講する際の質問・相談などをお聞きしています。
    近畿地方の方はレッスン参加(見学)や体験レッスンをご用意しています。
    遠方の方にはスカイプでの面接を行っています。
  4. 契約
  5. 受講料お振込
  6. お振込確認後 養成講座スタート